Chew for more Trees

ABOUT
Chew for more treesとは

犬の本能を満たす安心の木のおもちゃ

自然から離れて暮らす犬はストレスを感じがち。“Chew for more trees (チュウ・フォー・モア・トゥリーズ)”は、
犬の本能である噛む・壊すといった欲求を満たすことで、ストレス解消に役立ちます。
歯の生え変わりでムズムズする時期の子犬や、家具などをかじる癖のある愛犬にもおすすめです。

国産・無農薬・
無塗装・自然乾燥の
安全な木を使用

Chew for more treesの木材は、桜は岐阜県・梨は全国の山林から採れる国産の間伐材で作られています。育成・加工の段階で農薬を一切使用せず、時間をかけて丁寧に自然乾燥・無塗装で仕上げました。

飛騨高山の職人が
1つ1つ手作り

飛騨高山の職人が丁寧に1つ1つ仕上げた安心・安全な製品です。

木くずが細かいので、
犬が飲み込んでも安心

犬が噛みついても、ささくれにくく木くずが細かく砕ける桜と梨の木を使用。木が飲み込んでも安心です。

more treesに賛同。
国産の間伐材で
日本の森を再生

Chew for more trees は日本の間伐材でつくられています。山間に生えた木は曲がっていたり、細かったりすることが多く普段の流通ではほとんど使われません。そのため直径が25cm前後の小丸太はチップになり、ほとんど価値を無くしてしまいます。それを有効活用し、お客様に喜んでいただける魅力的な製品にすることで環境に貢献していきます。また、間伐が適切に行われた森林では木が豊かに育ち、土壌が保全されます。それにより、地球温暖化の防止や土壌崩れなどの天災の防止、生物の多様化の保全に役立つなど、Chew for more treesを選んでいただくことは、間伐の促進、森を守る活動にもつながっていきます。

STORY
誕生ストーリー

その木は本当に安全ですか?

Chew for more treesのもの作りは、木の専門家から投げられたその質問から始まりました。

木のおもちゃがすべてが安全とは限らない

当社ではもともと、中国製の木をつかった犬用の木のおもちゃを数十万本販売。お客様からの人気も高く、販売数を伸ばしてきました。そんなある日、木の専門家であり、人間が手を入れた森を健康に保つために日本の広葉樹をつかったプロダクトを作っているオークヴィレッジの方々と出会い、こう質問されたのです。

「その木のおもちゃ、本当に安全なものですか?」

私たちは販売している木のおもちゃについて徹底的に調査を始めました。

そこで知った現実。
木のおもちゃ=安全と思ってしまうことが多いのですが、実際、木のおもちゃの中には、木の育成段階で農薬を使用していたり、加工工程で防腐処理をしているものが多く含まれているということでした。

「“かぞく”に使ってほしいもの。」を理念にしたもの作りをしている当社は、この真実を真摯にうけとめ、自社で取り扱っていた「木のおもちゃ」の販売を中止することに決定。
そこから「犬にとって本当に安全な木のおもちゃ」についての追究がはじまったのです。

目指したのは、犬にとって
本当に安全であるということ

犬にとって本当に安全な木のおもちゃとはどんなものか?
オークヴィレッジをはじめ、間伐材を使って森を守る活動をしているmore trees、犬の専門家など様々な方にインタビューを重ね、「本当に安全な木のおもちゃ」に大切なことを話し合っていきました。

私たちがたどりついた4つのこたえ

試行錯誤をかさね、私たちは4つのこたえにたどりつきました。

  1. 1国産・無農薬・無塗装・自然乾燥であること
  2. 21つ1つ丁寧に手作りしていること
  3. 3犬が噛んだ時に、木くずが細かくなり安全なこと
  4. 4日本の間伐材を使うことで、愛犬にも環境にも優しいこと

時間もコストもかかるけれど
愛犬に必要なものならと商品化

犬にとっての安全を追究していけばいくほど、製造にコストも時間もかかってしまい、ビジネスとしては効率的ではありませんでした。また、材料が天然のものであるため、安定的な生産ができないというリスクもありました。
しかし、1人でも「愛犬に本当の安心をあげたい」と望んでいる愛犬家がいるのであれば、世の中に出していこうと商品化を決意。現在では、コンセプトを理解いただける店舗様を中心に販売させていただいております。

PRODUCTS
製品紹介

Chew for more treesは、木のかたさ・犬の大きさに合わせてサイズと木の種類をお選びいただけます。

+イメージを拡大する
  • M サイズ[大型~中型犬におすすめ]

    サ イ ズ
    直径約3cm×全長20cm /重量 約52g
    最適な犬種
    ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、柴犬、
    フレンチブルドッグ、コーギー、ボーダーコリー、キャバリア など
  • S サイズ[中型~小型犬におすすめ]

    サ イ ズ
    直径約3cm×全長15cm/重量 約48g
    最適な犬種
    ミニチュアダックスフンド、トイプードル、
    シー・ズー、パピヨン、ミニチュアシュナウザー など
  • XS サイズ[小型~超小型犬におすすめ]

    サ イ ズ
    直径約2cm×全長10cm/重量 約10g
    最適な犬種
    チワワ、ヨークシャテリア、マルチーズ、ポメラニアン など
【 使用上のご注意 】
  • ※飼い主さんの目の届くところで遊ばせてください。
  • ※少量の木の屑は飲み込んでも無害ですが、与えすぎにはご注意ください。
  • ※幼児やペットの手の届かないところで保管してください。
  • ※間伐材を使用しているため、表面に木の節やシミ、小さな穴、傷などがある場合がありますが、虫喰い等によるものではありません。
+イメージを拡大する

Cherry Blossoms
桜の木 <やわらかめ>

バラ科の桜は香りが良く、歯ごたえがやわらかいため犬のかみつき具合も抜群です。桜の木はトゲ(木の繊維)が飛び出さないのでささくれにくく、木くずが細かいので、犬が飲み込んでも安心です。農薬が使われていない国産の野生の桜を使用しています。

Chew for more trees 桜
  • M サイズ[大型~中型犬] 価格:2,400円(税抜)
  • S サイズ[中型~小型犬] 価格:1,900円(税抜)
  • XS サイズ[小型~超小型犬] 価格:1,100円(税抜)
+イメージを拡大する

Pear
梨の木 <かため>

犬が好む桜と同じバラ科の梨の木は、桜よりかたく、噛む力が強い犬でも長く楽しめます。梨の木は噛むとボロボロと細かく砕けるため、犬が飲み込んでも安心です。果実園の木ではなく、農薬が使われていない国産の野生の梨を使用しています。

Chew for more trees 梨
  • M サイズ[大型~中型犬] 価格:2,400円(税抜)
  • S サイズ[中型~小型犬] 価格:1,900円(税抜)
  • XS サイズ[小型~超小型犬] 価格:1,100円(税抜)

梨の木には
梨の刻印が入っています。

PROJECT MEMBERS
プロジェクトメンバー

株式会社たかくら新産業

http://www.takakura.co.jp/

「“かぞく”に使ってほしいもの。」をコンセプトとしたオーガニック・ナチュラルアイテムやペットアイテムを企画、販売。毎日使う物だからこそオーガニックやナチュラルを使っていただきたいという想いから、「大切な“かぞく”に自信をもって勧められる安心の物を、毎日続けられる価格や使い心地でご提供する」ことにこだわり活動しています。

オークヴィレッジ株式会社

https://oakv.co.jp/

オークヴィレッジ(1974年創設) は、出発当初から「100年かかって育った木は100年使えるものに」という合い言葉で、持続可能な循環型社会を「木」という再生可能資源で実現しようと提案し続けています。また「お椀から建物まで」という創設当初のモットーから、最近では「携帯ストラップから大型建造物まで」と幅を広げています。また「子ども一人、ドングリ一粒」のモットーで、育林を中心とした環境活動にもNPO「ドングリの会」を通じて貢献すべく活動しています。

デザイナー/清水慶太

http://www.keitashimizu.com/

1974年東京都に生まれ、幼少期を米国で過ごす。東京芸術大学美術学部デザイン科を経て、2000年同大学院美術研究科修士課程修了。2003年にイタリア・ミラノでの活動を開始し、2006年に帰国。活動の拠点を横浜に移す。クリエイティブノルム代表。グッドデザイン賞受賞、デザインレポートアワード(独)ノミネートなど、国内外での評価は高く、オリベデザインセンター(岐阜)やモンテレイ工科大学(メキシコ)に招かれレクチャーやワークショップを行うなど、人材育成にも積極的にかかわっています。

一般社団法人モア・トゥリーズ http://www.more-trees.org/

more trees(モア・トゥリーズ)とは、その名のとおり「もっと木を」というコンセプトのもと、
音楽家 坂本龍一の呼びかけによって設立された森林保全団体です。
日本の森林においては間伐を、熱帯地域や砂漠においては植林を進め、数々の森林再生プロジェクトに取り組んでいます。
同時に、企業や一般人に向けてCO2を相殺する「カーボンオフセットサービス」 を展開。
2009年からは森のめぐみである間伐材を使って、オリジナルプロダクトの開発にも取り組み始めました。
日本の木の柔らかな風合いや温もりを伝えると同時に、間伐を推進し、間伐材の需要を広めていきます。

more trees発起人
  • 坂本龍一
  • 桑原茂一
  • 細野晴臣
  • 高橋幸宏
  • 中沢新一
●AOKI takamasa(音楽家) ●青柳拓次(音楽家) ●天野祐吉(コラムニスト)●荒川眞一郎(ファッションデザイナー) ●飯野賢治(ゲームクリエイター) ●yvan(イラストレーター) ●池田正昭(コピーライター/エディター) ●石井朝子(greentee) ●石上純也(建築家) ●石川直樹(冒険家/写真家) ●石橋直樹(Governance Design Laboratory)●石丸アキヒコ(クリスタルボール代表)●伊勢谷友介(俳優/映画監督) ●市川義夫(KAB社長) ●伊藤穣一(デジタルガレージ共同創業者) ●いとうせいこう(クリエイター) ●伊藤まさと(ヘアー・アーティスト) ●稲本正(オークヴィレッジ/NPOドングリの会代表)●井上佐由紀(写真家) ●上田義彦(写真家) ●内田也哉子(文筆家) ●エイジアエンジニア(ヒップホップグループ) ●枝廣淳子(環境ジャーナリスト) ●エドツワキ(イラストレーター) ●M.HASUI(フォトグラファー) ●大住憲生(ファッションディレクター) ●大貫妙子(音楽家) ●大貫ゆきこ ●大林ミカ(環境エネルギー政策研究所副所長) ●岡田暁生(京都大学人文科学研究所准教授) ●岡田浩暉(俳優) ●岡村貴子(オーガニックコンシェルジュ)●岡本真夜(シンガーソングライター) ●Oto(音楽家) ●小尾一介(デジタルガレージ取締役) ●GAK SATO(音楽家)●角田陽太(デザイナー) ●カクマクシャカ(音楽家) ●KATHY(パフォーマンスアーティスト) ●鎌仲ひとみ(映画監督) ●神谷幸鹿(SHIBUYA-FM取締役) ●川田龍平(参議院議員) ●河原光(アートディレクター) ●神無月好子(ライター) ●KIKI(モデル/女優) ●菊地敦己(アートディレクター) ●草野剛(アートディレクター) ●熊谷信也(TBS事業局「赤坂BLITZ」支配人) ●熊谷有記(デザイナー)●倉本仁(プロダクトデザイナー) ●christian fennesz(musician) ●christopher willits(artist) ●見城徹(幻冬舎社長) ●小泉均(タイポグラファー) ●小林崇(tree house) ●小林武史(音楽プロデューサー) ●小林幹也(デザイナー) ●サエキけんぞう(アーティスト/プロューサー) ●坂本幸隆(TOWER RECORDS)●櫻井和寿(音楽家) ●佐々木直喜(華道家) ●サダヒロカズノリ(イラストレーター)●Sascha(DJ) ●佐藤直樹(アートディレクター) ●佐野史郎(俳優) ●SAFARI(グラフィックデザイナー)●猿山修(デザイナー) ●澤口佳代(ビジュアリスト) ●澤田知子(アーティスト) ●塩崎恭久(衆議院議員) ●志賀理江子(写真家) ●柴田廣次(パルコ執行役) ●清水慶太(プロダクトデザイナー) ●jealkb(ロックバンド) ●ショーン・レノン(ミュージシャン/プロデューサー) ●しりあがり寿(漫画家) ●shing02(音楽家) ●信藤三雄(アートディレクター) ●菅谷晋一(アートディレクター)●SUGIZO(音楽家) ●祐真朋樹(スタイリスト/写真家) ●鈴木正文(編集者/ジャーナリスト)●鈴木康広(アーティスト)●鈴野浩一(建築家) ●セキユリヲ(グラフィックデザイナー) ●SOFFet(ラップユニット) ●大日本タイポ組合(グラフィックデザイナー) ●高城剛(映像作家/DJ) ●高橋靖子(スタイリスト) ●高橋健太郎(音楽評論家/音楽プロデューサー) ●高橋理子(アーティスト/HIROCOLEDGE) ●高谷史郎(芸術家) ●瀧本幹也(写真家) ●武田双雲(書道家) ●竹村真一(Earth Literacy Program代表/京都造形芸術大学教授)●田島一成/Tajiiemax(写真家) ●田中優(文筆家) ●田中泯(舞踊家) ●谷口恭子(編集者) ●谷崎テトラ(構成作家/音楽家) ●田村淳(ロンドンブーツ1号2号) ●月本裕(作家) ●辻信一(「ナマケモノ倶楽部」世話人) ●点(デザイナー) ●Donny Grafiks(グラフィックデザイナー) ●外山輝信(webデザイナー) ●豊田弘治(イラストレーター/グラフィックデザイナー) ●中島英樹(アートディレクター) ●長島有里枝(写真家) ●中城敏(commmons/プロデューサー) ●中田英寿(FIFA親善大使) ●中渓宏一(アースウォーカー) ●中村隆市(株式会社ウィンドファーム代表/スロービジネススクール校長) ●並木豊明(ロイド代表/メガネディレクター) ●成宮寛貴(俳優) ●名和晃平(彫刻家) ●西健一(ゲームクリエイター) ●西脇一郎(インテリアデザイナー) ●新田桂一(写真家) ●203gow(編み師) ●信國太志(ファッションデザイナー) ●野村浩司(写真家) ●元ちとせ(歌手) ●東泉一郎(アートディレクター) ●ピーター・バラカン(ブロードキャスター) ●平間至(フォトグラファー) ●広河隆一(写真家) ●広川泰士(写真家) ●ヒロ杉山(アートディレクター) ●深澤直人(プロダクトデザイナー)●福岡伸一(分子生物学者) ●藤田志穂(シホ有限会社G-Revo代表) ●船木三秀(プロサーファー/写真家) ●Paul Davis(Artist) ●堀芙紗子(エコベール日本支社代表) ●本田ゆか(ミュージシャン/プロデューサー) ●マエキタミヤコ(サステナ代表/コピーライター) ●正木高志(エコロジスト/文筆家) ●松井龍哉(ロボットデザイナー) ●松江泰治(写真家) ●松尾貴史(放送タレント/俳優) ●松嶋啓介(シェフ) ●松武秀樹(音楽家) ●Monday Michiru(音楽家) ●村上龍(作家) ●MOTOKO(写真家) ●森川欣信(音楽プロデューサー) ●森住卓(写真家) ●もりばやしみほ(音楽家) ●森本千絵(アートディレクター) ●山田玲司(漫画家) ●山本峰由(web magazine“OPENERS”発行人) ●山本哲郎(アートディレクター) ●YAM(音楽家) ●横山豊蘭(書道家) ●吉田眞紀(プロダクツデザイナー) ●吉原悠博(美術家/写真館店主) ●吉村栄一(編集者) ●吉本多香美(女優) ●米田知子(写真家) ●Johan Prag(アートディレクター) ●Lallasoo Poopo Lab.(グラフィックデザイナー) ●リリー・フランキー(作家/イラストレーター) ●和多利浩一(ワタリウム美術館キュレイター)※五十音順、敬称略 ★2012年9月現在/163名

SHOP LIST
取り扱い店舗

※各店舗での在庫状況については、直接お問い合わせください。

ページトップへ